FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『最後の手話教室』
保育園の先生たちが娘の聴覚障害を知り、自分たちも手話を習いたい!と児童館で手話勉強会を開いてくれていました。私も一緒に勉強をしていたんですが、その手話教室が先生の都合で終わってしまうことになりました。都合というのは、今年の夏に教員免許を取るための試験を受けるらしいのです。勉強に少しでも専念できるように一時手話勉強会を終わることになったのです。7ヶ月間くらい教えて頂きました。

毎週金曜日の夜2時間ぐらいの手話の勉強会でしたが、一つ一つ手話の意味や、成り立ちを丁寧に教えて下さりました。

今日で最後の勉強会ということで、今日はゲーム感覚の授業でした。

伝言ゲーム
4つのグループに分かれて、口話だけ(しかも、声を出さない)の伝言ゲームをしました。1番目の言葉は【たばこ】。1グループが8人ぐらいなので、8番目の人まで伝えたら声を出して答えを言ってもらいます。
【たばこ】は比較的簡単でしたが【たまご】に変わっていました。
2番目の言葉は、【ドイツワールドカップ】。これはかなり難しくて、2人目でほとんど止まってしまい最後まで伝わらなかったり、意味の分からない言葉になって伝わってしまいました。
聴覚口話の難しさを、身をもって感じることができました口を意識してしゃべることがとても大切です


しりとり
4つのグループに分かれて、グループごとに円になります。伝言ゲームと同じで声を出さずに口話&指文字でしりとりをしていきます。

【あか】→【あか・かき】→【あか・かき・きつね】→【あか・かき・きつね・ねこ】・・・・・って感じで自分の番になったら今まで出てきた単語を指文字&声なし口話で全部言わないといけない。これも結構難しい
かなり指文字の練習になる

手話&声なし口話ゲーム
名前の通り、声を出さずに手話と口の動きだけで会話をする。
声を出せないので、手話が分からない単語はなかなか伝わらない。が、みんな思ったより手話が使えるようになっていることに気付く。

このように、昼間保育園で娘を見てくれてる先生方が、口の動きがとても大切だという事や、手話の楽しさに気付いてくださると母は安心します

こんな感じで、最後の勉強会はゲームをして楽しみました。とても、内容の濃い勉強会でした。

手話を教えてくれていたのは、学校の先生を目指している大学生。今年は、教員試験や就職試験など忙しいと思いますが、きっと子供たちに好かれる頼もしい先生になると信じています。小学校の先生になれたときは、ぜひとも子供たちにも手話を教えてあげて欲しいものです
スポンサーサイト

テーマ:育児 - ジャンル:育児

【2006/05/26 23:13】 ☆☆☆聴覚障害☆☆☆ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<もう1つの手話教室 | ホーム | 聴力検査>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://potosu.blog46.fc2.com/tb.php/22-9b94fbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。