FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『保育園の先生たちと手話教室♪』
娘が聴覚障害児である事は自己紹介で書きましたが、日常生活では補聴器をつけて保育園に通っています。コミニケーションの手段としては、手話が主になってます。あと、口の動きを見ながら、なんとなく・・・って感じですかね。

こんな状態でも、日中娘を預かって下さるありがたー-い保育園の先生たちが自分たちも手話を習っていると言うのです。聞けば、娘に聴覚障害があるとわかってから大学生で手話を知っている人に週1回、夜7時から9時に教えてもらっていると言うのです!!!!100人近く園児がいる保育園の先生方(ほとんど全員)が忙しい時間を切り裂いて、たった一人の園児の為に手話を習っていると聞き本当に頭が下がる思いでしたこの保育園に娘を預けて本当に良かったと思いました

で、早速今日から手話教室に管理人も参加させてもらいました。

管理人は日頃から、手話の本2~3冊を愛読しているのですが、これがまた大人の目線で作ってるものばかりなんですね。。。

たとえば娘の年齢(2~3歳)の子の興味を示すものと言ったら
動物や乗り物の種類(細か-く!)・NHKの教育テレビ(ぐるぐるどっカーンのわんわんなど)・お祭りの屋台の種類(金魚すくい・お面)こんな感じで、子供の世界の言葉はすごく難しいし、本で調べても載ってないのが多いんですよね

で、今娘は絵本にハマってて、絵本に載ってる絵を表現するのも難しいんですよね~。

今日の手話の先生にいろいろ聞いて見ましたが、やはり子供が使える簡単な手話を使ってあとはジェスチャーとかで伝えるのが良いのではないか・・・という結果でした。

今日は娘のクラスのお友達の名前をとりあえず教えてもらいました。今まで、お友達の名前を知らずに園生活を送ってきたのか・・・と思うと「娘、ごめん」としか言葉が出てこない・・・しかもお友達の名前を手話で覚える事を提案したのは娘の担任の先生・・・母親よ、もっとしっかりせんかい!!!って感じで自己嫌悪デス

管理人親子は、周りの人たちに育てられてる感じですでもこれってすごく恵まれてますよね。本当にいろんな人たちに感謝感謝の毎日です。



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

【2006/01/28 02:14】 ☆☆☆聴覚障害☆☆☆ | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<離婚調停 | ホーム | ☆福祉の申請☆>>
comments
--はじめまして(^^)--
手話を勉強している桜と申します(^。^)

その保育園の先生は、とても前向きですごいですね。
ポストさんのお子さんのために始めたことかもしれませんが、きっとその先生にとって良い経験になってると思います♪
障害者に接すると、してあげてるつもりでも、逆に教えられてたりしますよね。

うちの息子(小2)は発達が遅くて、1年だけ幼稚園に通ったことがありますが、ほんとその園の先生にはお世話になりました。園児が何人もいるのにうちの子のために、細かい気遣いをしてくださって、頭が下がる思いでした。ほんと先生ってすごいですよね。

離婚調停、頑張ってくださいp(^^)q
応援しています(^。^)
【2006/01/28 13:36】 URL | 桜 #-[ 編集] |
--やっとお返事の書き方が分かりました(^^)--
ブログ初心者で返事の書き方がやっと今日分かりました。

ほんとに桜さんのおっしゃるとうり、障害のある方には教えられる事がたくさんありますね。私の場合、娘にも教えられる事が多い毎日です。しかも、障害がなかったらこんなに四六時中、娘の事を考えてしまうほど、愛してなかったかなぁ・・・と気づかされます。
うまく言えないけれど、娘の障害が分かって、私の中での娘の存在がすごーく大きくなったって感じですかねぇ。

障害児を育てるのって肉体的にも精神的にも、きついときあるけど、普通以上に愛しくおもってしまいますよね。周りの方の協力にも普通以上に感謝しますし、自分も成長させられる状況になってしまうのですが、結構メリット多いのでは?と、最近思ってしまいます。

お互いがんばりましょうねp(^^)q
【2006/02/15 01:42】 URL | 管理人 #-[ 編集] |
--手話の先生--
非常に元気な管理人の娘この娘が私の手話の先生です。なかなか手ごわい先生ですよ。
幼児独特の一点の曇りも無い目でジット見つめられるとどうしようと思う事もシバシバ・・・逃げ出したい時も
しかし、彼女は、そんなに容易く逃がしてはくれません。私は、57歳彼女の手話を一生懸命真似ている。しかし、彼女にこちらの手話が通じない時同じ事を何度かしてくれる。年寄りを労わっている。それとも、違うでしょうこうでしょう。と、叱られているのかな・・・?
この彼女本当に素敵ですよ。
彼女と私の手話奮闘記時々報告致します。
【2006/02/20 20:45】 URL | 島田 勲 #-[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://potosu.blog46.fc2.com/tb.php/3-54c5d6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。